5G対応スマホの「Xiaomi Mi 11 Pro」とは?

7月 24, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンの魅力は、動画の視聴やオンラインゲーム、解像度が高い動画配信なども気持ちよく楽しめることと言えるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 11 Pro」という5Gスマホがあり、不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、サクサク動く高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約84000円でRAM8GB/256GBモデルが約89000円でRAM12GB/256GBモデルが約96000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約208gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度3200×1440でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「Kyocera DuraForce Ultra 5G UW」とは?

7月 23, 2021

“5Gの特徴には超高速化や超低遅延、超多数同時接続といったことがあり、高解像度の動画配信サービスなどが快適に楽しめますし、超低遅延をいかして遠隔治療や自動運転などにもいかすことが可能です。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「Kyocera DuraForce Ultra 5G UW」という5Gスマホがあり、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリー、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約16ミリ、重さ約278gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2160×1080でアスペクト比18:9の約5.4インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、ワイヤレス給電やワイヤレス充電、急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、光学式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、スローモーション撮影、ポートレートモード、ビューティーモード、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”東京オリンピックいよいよ今日からです。参照

0

5G対応スマホの「China Telecom Tianyi One 2021」とは?

5月 18, 2021

“5Gが導入されたことによってスマートフォンの通信規格は大幅に進化していますし、低遅延や高速大容量通信、同時多接続が可能になったことで様々な新コンテンツも開発されていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「China Telecom Tianyi One 2021」という5Gスマホがあり、高い没入感を実現させた高精細大型ディスプレイや大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPU、撮影レスポンスは良く快適に楽しめる高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/64GBモデルが約2万円でRAM6GB/128GBモデルが約25000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約180gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはレザーとシルバーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはUNISOC T7510 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、背景ぼかし、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、AIライブストーリー、ナイトモード、ポートレートモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「Xiaomi Mi 11」とは?

3月 28, 2021

“5Gでは大容量通信が可能となるとともに高速通信も可能になりますのでプライベートだけではなくビジネスでも役立たせることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外のメーカーからも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 11」という5Gスマホがあり、いつでもどこでも迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心な大容量バッテリー、ストレスなく楽しめる高性能CPUや思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約64000円でRAM8GB/256GBモデルが約68000円でRAM12GB/256GBモデルが約75000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約196gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラウン、パープル、ライトブルー、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度3200×1440でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーはワイヤレス充電やワイヤレス給電、55Wの急速充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「Coolpad X10」とは?

3月 18, 2021

“4Gスマホから5Gスマートフォンに変えることによって通信速度が飛躍的に向上します。
ですので、4Gスマホでイライラしていた映画や長時間動画などのダウンロードが数秒で完了するのです。
その快適に楽しめる5Gスマートフォンは数多くの機器メーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Coolpad X10」という5Gスマホがあり、動画の視聴やオンラインゲームでも遅延なく動作する高性能CPUや暗いところでも見やすい高精細大型ディスプレイ、どこに行っても安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約RAM4GB/128GBモデルが約22000円でRAM6GB/128GBモデルが約25000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約181gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.517インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはUNISOC T7510 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約2100万画素+深度レンズがついた約500万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、ポートレートモード、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、ハイブリッド光学ズーム、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid10(Cool UI)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「AQUOS sense5G SH-53A」とは?

2月 27, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンはデータ負荷がかなりかかる3Dゲームでも処理能力の高さを生かして気持ちよく遊ぶことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは色々なメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「AQUOS sense5G SH-53A」という5Gスマホがあり、省エネに優れた高精細大型ディスプレイや動画視聴も快適な高性能CPU、旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーや綺麗な写真が簡単に撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約71ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約148ミリ、重さ約179gという操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはライトカッパー、オリーブシルバー、ライラック、スカイブルー 、イエローゴールド、コーラルレッド、ニュアンスブラックの7色が用意されています。
ディスプレイは解像度2280×1080でアスペクト比19:9の約5.8インチIGZO液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4570mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass3を採用してリフレッシュレートが90Hzに対応していますので滑らかな映像などを楽しむことができます。
CPUはSnapdragon 690 5G 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素+広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、LEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、ビューティーモード、ナイトモード、オートフォーカス、HDR、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、おサイフケータイに対応してイヤホンジャックや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「OnePlus 8T」とは?

2月 20, 2021

“これまで通信システムの主流だった4Gは新たな通信システムとして注目されている5Gに移行し始めています。
それに、4Gスマホよりも5Gに対応しているスマートフォンのほうが通信速度や低遅延、多数同時接続などの高い性能を持っています。
その高い性能をもつ5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OnePlus 8T」という5Gスマホがあり、夜景も綺麗に撮れる高性能カメラや3Dゲームなどでもサクサク動作する高性能CPU、迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイやどこでも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約74000円でRAM12GB/256GBモデルが約87000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約188gという薄型軽量コンパクトボディになっており、アクアマリングリーンとシルバーの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865 5G SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OxygenOS 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーを搭載して接続端子はUSB Type-C USB 3.1 GEN1になっています。”

0

5G対応スマホの「OPPO Reno4 Z 5G」とは?

11月 21, 2020

“5Gを利用することでスマートフォンを快適に楽しむことができますが、5Gに対応しているスマートフォンを使わなければ4Gスマホよりも楽しむことができません。
ですので、4Gスマホから5Gに対応しているスマートフォンに変える人が増加しています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なメーカーから多くの機種が出ていますが、その中の一つに「OPPO Reno4 Z 5G」という5Gスマホがあり、高いパフォーマンスを発揮する高性能CPUや重たい動作でもストレスなく楽しめる高性能CPU、思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペックのアンドロイドスマートフォンで価格は約47000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約184gといった操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800 MT6873V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素+約200万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、スローモーション撮影、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Color OS 7.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0

5G対応スマホの「T‑Mobile REVVL 5G」とは?

11月 14, 2020

“5Gが身近なものになって様々な分野で生かされていますし、これからも5Gによって多くのものが進化していくと考えられます。
この5Gに対応しているスマートフォンをもつ人は増加傾向にあり、4Gスマホから5Gスマホに乗り換えて快適に楽しんでいます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「T‑Mobile REVVL 5G」という5Gスマホがあり、高画素なトリプルアウトカメラや見やすい高精細大型ディスプレイ、長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約43000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約198gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは22.5Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはノッチ付きでリフレッシュレートが90Hzに対応しています。CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、スーパーナイトモード、パノラマモード、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、HDR、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

0

5Gスマホの「ZTE a1 ZTG01」

9月 30, 2020

“5Gのサービスが日本でも開始されていますので、今現在の主流とされる4Gスマホから5Gスマホに買い替える人が増えています。
そうした人たちが使っている5Gスマホは海外だけではなく日本国内でも様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE a1 ZTG01」というスマートフォンがあり、ミドルレンジ最上位モデルとされるアンドロイドスマートフォンで価格は約6万円という5Gスマホにしてはなかなかのお手頃価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約190gという小さな手の人でも操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラックのみが用意されています。
ディスプレイは解像度2340×1080(FHD+/HD+)でアスペクト比19.5 : 9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している3900mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイがタッチサンプリングレート144Hzに対応していますし、リフレッシュレートが120Hzに対応していますのえ、ゲームなどでも快適に楽しむことができると思います。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値1.9の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、ポートレート撮影、スーパーナイトモード、ビューティーAI、光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、パノラマモード、HDR、4K動画撮影などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10で顔認証センサーや背面指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

0